ノブストーリー

公務員を退職。そして、海外で自由に生きていく僕の物語

継続は力なり。というが、僕は詰め込み派。

初めての方は、こちらをお読みください。

はい。わたし今年の9月で公務員を退職して海外に逃亡します。

www.cheapertriper.com

 

本日はですね。

追い込まれに追い込まれている、今まで後回しにしてきたツケを払う日がやってきました。

ブログなんて更新している場合ではないのですが、、まぁ息抜きで。

 

朝9時からノソノソと活動を始めております。

とりあえず、今日は何も予定がないので1日中やり続けます。小学生の夏休みの終わりにいっきに宿題をするっていう懐かしい気持ちを思い返しながら取り組んでいます。

 

具体的に何をやっているかといいますと、

・ダイビングの勉強(お世話になるダイビングショップのオーナーから、これを全部覚えてきてって3冊の教科書を渡されたのですが、まだ1冊も終わっていません。期限は、7月3日です。)

・ブログの収益の最適化

・英語(こちらもダイビングショップのオーナーからお願いされているのですが、何をしていいのかイマイチ、、、ダイビング用語でも覚えてたらいいのかな。)

f:id:nobu29181:20190623122234j:plain

意外に大したことやってないですね。できる気がしてきました。

ただし、大切なことを忘れています。この3つとも、毎日コツコツやらなければいけないもので、詰め込んだからってできるようになるものではないですね。

そうなんです、アホなんですよ、僕。笑

 

話は変わるのですが、早ければ来年、もしくは再来年には海外でダイビングのインストラクターをする予定で、僕の希望としてはニューカレドニアっていう国で働きたいと思っています。

英語とフランス語も勉強できますし。

そして、僕の初めての外人の友達は、同い年のニューカレドニア出身のフランス人でした。2年前、神戸にあるバーのクリスマスパーティーで出会って、仲良くなったんです。

しかし、去年の9月にその子の留学期間が終わってフランスに帰ってしまって以降、連絡が途切れていました。

「まぁ仕方ないか・・」と去年は思っていたんですけど、今になって「ニューカレドニアで働くんだから、その子と連絡がもう一度取れれば色々教えてくれるだろうし、知り合いも紹介してくれるかもしれない!!」と考えて、当時、その子が神戸でよく通っていたバーに行きました。

そこで、店員さんに「この子覚えてませんか?」って一緒に撮った写真を見せてまわりました。

やってること探偵ですね。笑

すると、ようやく一人の店員さんが「知ってるよ。」と言ってくれて、その子のフェイスブックのIDを教えてくれました!

すぐにその子に連絡を送って、あとは返信を待つだけ。

ちなみに、今この記事を読んでいる方の中には、「連絡が返ってこなくなったのは、嫌われているからじゃないの?」と思ってい人がいるかと思いますが、僕には確実にそんな理由ではないっていう自信がありました。だって嫌われてるんなら、普通気づくでしょ。笑

 

その2日後、返信が来ました!!

その内容は、フランスに帰ってからフランス用の携帯に戻したんだけど、LINEを再インストールしたらパスワードがわからなくてログインができず、僕との連絡手段が途切れてしまった。私を見つけてくれてめっちゃ嬉しい!!とのことでした。

それで、連絡が途切れていた間のことや今してることとかを話した後、ダイビングのインストラクターとしてその子の出身地であるニューカレドニアで働きたいってことを伝えました。

するとすごく喜んでくれて、「のぶのためなら力になるよ!」って言ってくれました。こんなに嬉しいことはないですね。。

その子が日本にいるときから既に、「消防を辞めてやりたいことをやって生きていきたいな~」ってその子に話していたので、「決断ができてよかった!」とも言ってくれましたー。本当に優しい人です。

 

大人になって重要なのは人との繋がりですね。

広く浅くの繋がりではなくて、広く深く。

 

僕が、近い将来にやるフリーランスの海外ガイドは、大手旅行会社のような集客方法ではなく、知り合いが口コミで広げていってくれるような、人との繋がりだけで成り立っているような仕組みにしたいです。

こんな時代だからこそ、ネットの力ではなくて、人脈で勝負したいです。

 

最後に、そのフランス人の友達の名言を皆さんにもプレゼントします ^ ^

僕の仕事終わりに一緒にお酒を飲みに行った時のことです。

「仕事終わりのビールはめっちゃおいしいな!」

と言うと、その子は不思議そうに

「ビールはいつ飲んでもおいしいよ。」

と言いました。

その通りですね。笑