ノブストーリー

公務員を退職。そして、海外で自由に生きていく僕の物語

行きたいところには、早く行った方がいい理由。

もし皆さんに死ぬまでに行きたいところがあるのなら、早く行った方がいいです。


オーロラ、ピラミッド、グランドキャニオン、数えればキリがないくらい、僕には行きたいところが沢山あります。

そして、可能な限りそれらの場所へ早く行くことにしました^ ^


去年の9月、屋久島へ縄文杉を見に行ったときのことです。

数時間かけて辿り着いた縄文杉は、写真以上、想像以上に偉大で、その大きさは圧巻でした。

f:id:nobu29181:20190619213350j:plain

こちらが縄文杉。


ですが!!

縄文杉を実際に触ることはできませんでした。それはおろか、近寄ることもできませんでした。。。

少し離れたところから見るだけで、それ以上近づくことは禁止されていたのです。

単に僕の情報収集不足なだけですが、てっきり縄文杉に触ることができると思っていました。縄文杉に触って記念撮影している写真を何枚も見たことがありましたので。

後ほど、縄文杉を管理している協会の方に理由を聞いてみると、観光客が縄文杉の枝や幹の皮を無理矢理めくって持って帰るため、一時期枯れそうなぐらい深刻な状態になったとか。その解決策として、観光客が直接触ることができないように展望台を建設し、それ以上近づくことを禁止したとのことです。

旅行好きの僕からしたら非常に悲しいお話ですが、仕方ありませんよね。

これは縄文杉だけに限った話ではありません。

オーストラリアのエアーズロックも、以前までは登ることができたのに今では登れなくなっています。


早く行かないと、これからどんどん禁止されることが増えると確信しています。

世界中の海もどんどん汚れてきています。

お金はいつでも稼ぐことはできますが、どれだけお金を払っても昔の綺麗だった海を再び自分の目で見ることは確実にできません。

確実ですよ?

縄文杉に触ることも。


半年ほど前にグレートバリアリーフでダイビングをしたのですが、数年以内に潜れなくなるのではないかと心配しています。

理由は、ダイビングをしている観光客がフィンで珊瑚を破壊しまくっているからです。

珊瑚は、10年で約25cmしか成長しません。

ダイビング中、約500年分ぐらいの珊瑚が破壊されていくのを僕はこの目で見ました。

いくら広大な珊瑚礁でも、毎日こんなことが続くといつかは確実になくなります。


今、行きたいと思っている場所が、10年後、20年後、定年退職後には行けなくなっているかもしれないのです。

退職後に行きたいところへ行こうと必死に働いている人がいたとして、こんな事態になってしまえば、必死に働いた時間が無駄になります。


もし死ぬまでに行きたいところがあるのなら、無理をしてでも行った方がいいと思います^ ^

お金がないから、休みがないから、時間がないからって、なんでも後回しにしてしまうのは絶対損です!


僕がやる海外ガイドは、僕が生活できるぐらいの料金しかいただきませんので、お金の心配はしないで下さい^ ^

なので、時間だけはなんとかご自分で確保していただいて、ぜひ早く来てください!