ノブストーリー

公務員を退職。そして、海外で自由に生きていく僕の物語

勝算。

公務員を辞めてからはフリーランスとして活動しようと、コツコツ準備をしているところです。

このブログもそのうちの一つです^ ^


堂々と海外で働く準備をするためには、周りの人に今の仕事を辞めるって言わなければなりません。なので、二週間ほど前に今の職場の人たち、仕事の同期、友達に伝えました。

ほとんどの方々は理解してくれて応援もしてくれていると個人的には感じています^ ^

応援してもらえると、すごく嬉しいですね!

その後に、皆さんからよく聞かれる質問が「それで人生勝ち組になれるの!?」という声。

人生何が勝ちで何が負けかなんて、僕にはよくわかりませんが、とりあえず自信満々に「勝算しかないよ。」と言うようにしてます。笑


「勝算って?具体的には?」とは、まだ聞かれていませんが、聞かれたとき用にここに書いておきます^ ^


まず一つ目、運がいいんです。僕。基本的にいつでも。笑


二つ目は、今までのやりたいことを全て実現させることができた。ってところです。

例えば、消防士に一発で合格したし、当時心の底から着たい!って思っていたレスキュー隊の服を着ることができて、災害現場にも行けたし。初めて着たのは、平成25年12月9日です。僕の人生では歴史的記念日です笑。正式な救助隊にはなれなかったけど、夢は果たしました!

他には、あの人と仲良くなりないなぁと思った人とは確実に仲良くなったし、ポルシェオーナーにもなったし、絶滅寸前の腕時計も手に入れたし、超レアな革靴も4足所有してたし。まぁ、今は全て売却しましたが、、また運のいいことに、全て買った値段よりはるかに高値で買い手が見つかりました。

ね。運いいでしょ^ ^笑


三つ目は、ゆとり世代っていうのも僕にとっては好都合じゃないかなと考えています。

競争することはダメ!っていう教えられ方をした世代の人たちと競争することになるんですよ。勝算しかないと思っています。

残念ながら、僕もゆとり世代ですが(^_^;)笑


最後が、僕が一番信頼している勝算。

昨日、僕が仕事を辞めるってことを聞きつけた職場の先輩と同期がご飯に連れて行ってくれました。

f:id:nobu29181:20190618144143j:plain

f:id:nobu29181:20190618144208j:plain

f:id:nobu29181:20190618144251j:plain

その先輩は、僕が初めて消防署に配属されたときのスーパーデキる先輩です。消防の全てを教えてくれた人です。もはや師匠レベルではなく、親みたいなものです^ ^

同期の方は、同じ消防署に配属されて、今まで一緒に成長してきました。一緒の消防車に乗って多くの現場も行きました。いい思い出です。相棒みたいなもんですね^ ^

そんなお二人にご飯に連れて行ってもらって、楽しくお酒を飲んで、あっという間に時間が過ぎて。。

海外で必ず恩返しします!


退職する直前にも送迎会をしてくれるそうで、しかもその送迎会には僕が一緒に働いたことのある大勢の人が参加してくれるそうで、、

ちなみにそれを企画してくれているのがその同期です。

確実にその送迎会の時に泣くでしょうね、、笑

また、同期会でも送迎会をしてくれるそうです。


これが、僕の一番信頼している勝算です。

困った時に頼れて助けてくれる人がたくさんいるんです。

フリーランスで成功することが今の夢ですが、それとは別にもう一つ。

送迎会や応援してくれた人たちにいつか、「俺には、世界中を行き尽くして今はフリーランスで海外ガイドしてる後輩がいるんだぜ!!海外行くんなら紹介しようか?」

って誰かに自慢させてあげたいです^ ^

これができたら、僕は勝ち組の人間ですね(^ω^)笑